« 2006年3月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年4月12日 (水)

盛況、不動産オークション

 今やパソコンは、家庭でも会社でも“一家1台”、“一課に1台”から“一人1台”に変わり、そのうえケイタイもネットに繫がるようになりました。“ネットの属人化"が進み、これほど確実で効率的な通信手段はないとばかりに、Web公開、電子メールはもちろん、最近では、メールマガジン、BBS(掲示板)、ブログ(日記)など、より直接繫がる手段が好まれているようです。

 このような時代は、今までの慣習、ブランドは絶えず評価される結果として敗退されてしまうことになりますが、不動産取引という重要な財産流通に対しても大きな影響を及ぼし始めているように思います。
 今までの不動産取引では、売買双方・貸借双方が、「価格」や「対象物件」について、100%納得しないまま不安を残しながら代金を授受していたケースもありました。
 不動産業者や銀行の説明を信じる以外に、自分の眼で見て納得できるだけの情報が不足していたことが原因の一つであろうと思います。
 最近、改善の動きとして台頭してきたのが「不動産インターネットオークション」であり、「不動産取引情報の公開」でした。

 「不動産オークション」は、不動産物件が全国規模で並び、買主や借主が、近傍類似物件内容と価格などを判断しながら競争で落札されるため、極めて公明で納得できるものとして注目されています。不動産仲介業者としても、売主・貸主の代理人として条件付で参加できる道もあるWebサイトもあり、買主・借主側にも専門家がオークション代理に入るなどするなど、安全確実な市場形成が急速に進む可能性が高いと見ています。
 注目すべき不動産オークションWebサイトは”マザーズ”と“Yahoo!”の二つです。二社は最近業務提携を発表していますので、さらに証券市場に匹敵するような不動産市場巨大化へのトリガーになると考えます。

 もちろん、私ども“KEN's Office”が「不動産買主代理人」を名乗るからには、こうしたオークションサイトへ「不動産買主代理人」や「不動産借主代理人」として入札参加することは、当初から想定範囲内のことです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

勝てる不動産活用ビジネスとは

 不動産の活用について事例に関わって最近感じていることですが、「不動産活用ビジネス」の業界でも、新しいビジネスモデルを創っても、6ヶ月も経ない間に、新たな競争者が参入してきて同じ市場内で生き残り競争が始まります。

 例えば、「レンタル収納庫」もそうですが、ユーザーからすれば「価格引下げ」効果につながる自然な市場原理で歓迎すべきことですが、経営者からすれば価格以外で勝ち抜くモデルに仕上げるほうが賢い選択であることは明らかです。

 消費者から評価され歓迎されるべき「ユニーク」な不動産活用ビジネスに仕上げる場合、不動産の「スペース」を貸すだけではなく、ユーザーが最良のスペース活用になるように真摯に研究し、同業他社も追えない仕組みがあれば事業は安定します。

 例えば収納対象をセグメントし、企業に「文書収納」を薦める場合、その会社の職場における文書活用が最良になるように「レコードマネジメント」サポート業務を加えようとする場合などがあります。

 製造・技術職場は合理化され生産性が高いが、その他の営業・事務の「ホワイトカラー」職場では、担当者個人に依存する文書情報管理が残っている会社が多いと言われています。担当者が居なければ分からないでは、競争に勝てる職場ではありません。

 職場にノウハウが蓄積されるためには、“属人的管理”から脱却し、職場の誰もが使える文書情報の共用管理がされ、不要文書の廃棄による流れを作り出す仕組み「ファイリングシステム」が必要です。

 その“下流”に流れてきた文書を預かり、検索し配送し、計画的に廃棄する文書収納業務レベルに高めてこそ、ユーザーから信頼されることになりことは明白です。
 賃料の高いスペースを有効に活かすために、最新のIT技術、セキュリティ、コミットメントも含めて、その全体をサポートしてくれるビジネスモデルとして、全国、全世界にマーケットは広がってゆくことさえ考えられてきます。

 「不要文書は預からない」、「預かった文書は廃棄する」という、一見すると収納業からすれば利益相反しそうなことも顧客本位で実行する「事業理念」にあると思いませんか?
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年10月 »